トピックスTOPICS

2021.06.16 新着情報

技能五輪全国大会 新潟県代表に3名決定! 10年連続輩出!

技能五輪全国大会 新潟県代表に3名決定! 10年連続輩出!

今年の12月に開催される技能五輪全国大会「建築大工職種」に、3名が新潟県代表として出場決定しました!

出場者はこちらの3名です!

☆伝統建築コース3年 小松優喜さん (福岡県出身) 

☆京都芸術大学併修コース3年 髙良香澄さん (沖縄県出身) 右

二人とも普通科出身で、大工道具を手にしたのはSADO入学後から! すごい!

☆伝統建築コース2年 石田汐人さん (兵庫県出身) 唯一2年生での出場です!こちらもスゴイ!

出場者のコメントです!

技能五輪全国大会とは?

昭和38年から毎年開催されている、唯一の全国レベル技能競技大会です。

建築大工職種の他にも様々な職種の競技があり、それぞれ本職の方を含む、23歳未満で各県トップクラスの技能をもつ方々が会場に集まり、それぞれの職種で技を競います。

SADOでは「建築大工職種」に今年で10年連続出場中

課題は「柱建て小屋組み」の制作で技を競います。

過去の団結式の様子
競技中の様子

どうすれば出場できるの?

技能五輪全国大会に出場するためには、新潟県より選抜されなければなりません。

その技術を見定めるものが、国家資格【建築大工技能士2級】の資格試験になります。

この2級試験の実技試験において、好成績で合格した者の中から県代表として選抜されます。

SADOの最新合格率は、2級が87%、3級は100%と高い実績を残しています!

昨年のハイライト動画はコチラ

大会本番の12月へ向け、ますます技術を磨いて頑張ってくれるでしょう!

新潟県代表として、頑張れ!!

写真で見る学校生生活!

学校の“イマ”をツイート中!

動画で見るSADO

質問・相談はLINEで解決♪♪

一覧へ戻る