だから佐渡。SADO 伝統文化と環境福祉の専門学校
コンセプト
コンセプト
自然と人と文化が共生する魅力の島で、受け継ぎたい日本のスタイルを学ぶ。

「佐渡だから、学べることがある」。すべてはそこから始まった。
全国に数ある専門学校の中でも、際立つ存在として位置づけられるSADO。その教育理念には他校とは違う、本校ならではの突出した考えがあります。
●エコアイランド佐渡で学び、地球環境対策に貢献できる人材の育成。
●佐渡の歴史や文化を知り、次世代へ伝承することのできる人材の育成。
●ぬくもりに満ちたヒーリングアイランド佐渡で、人や自然とのふれあいを大切にできる人材の育成。
上記の3点は、自然と人が共生する佐渡全体をキャンパスと捉えているからこそかかげた特徴的な理念です。
具体的には、トキが棲む佐渡では野生生物との共存共栄について学べるほか、その多様な植生の珍しさから日本の縮図とも呼ばれる豊かな自然環境は、まさに日本、そして世界の環境問題の対策に貢献できる人材育成へとつながるはずです。そして、島内に点在する数多くの社寺や能舞台からは、末永く受け継がれてきた先人の文化や芸能、叡智を生きた教材として、身に付けることができます。さらに、アロマテラピーなどのいやしを取り入れた最先端の介護福祉教育は、ヒーリングアイランド佐渡だからこそ学べることといえるでしょう。
特に「環境問題」「伝統建築」「伝統文化」は、時代が必要とし、次代へと継承すべき課題や文化を間近に学べる。だからこそ、私たちは佐渡をキャンパスとして選択したのです。

幅広い年代、地域を越えて叡智と技をより深いものに
いくら島独特の素晴らしい教育環境が整っているにしても、それは私たちの力だけでは生かせるものではありません。
そのため、本校を中心に佐渡市のバックアップをはじめ、地元企業との間で結ばれたインターンシップ制度、地域住民の方々とのふれあいといった連携をとることで、皆さんの将来へ向けた真剣な思いをサポートする、三位一体の体制を構築いたしました。これにより、イメージだけが先走りしがちな分野で学ぶという不安材料は、軽減されるのではないでしょうか。
また、本校は経歴・学歴は一切関係なく、歴史・文化・自然あふれる佐渡で、自分が好きなこと、得意なこと、大事にしたいことを、ゆっくりじっくりと学ぶことができます。それがSADOです。まずはあなたから、私たちにその強い「意志」をぶつけてください。
――― だから、佐渡。
学校を中心に、行政・島民・地元企業が連携をとった、三位一体の教育プログラムと教育環境の島。
校長 本間 愼からのメッセージ
私の学問と人生のみなもとは、佐渡ヶ島です。
佐渡で生まれ育った私は、野山を走り回り、海や川で魚と泳ぎ、山菜や木の実などを採りながら、また、芸能や伝統工芸などを生活の中で身近に感じながら、幼少期を過ごしました。その五感を使った実体験は、これまでの私の研究テーマや教育理念の礎(いしずえ)になっているように思います。
「自然との共生」や「伝統文化の継承」とは、「自然の恵みに感謝すること」「先人の生き方に学ぶこと」です。常にこの原点に立ち返ることは、非常に大切なことです。
ぜひ、佐渡のふところで、感性を磨き、知識や技術を修得してください。

伝統文化と環境福祉の専門学校
校長 本間 愼
前フェリス女学院大学 学長、東京農工大学 名誉教授、第13期〜第15期日本学術会議会員、元日本環境学会 会長、佐渡市 新佐渡戦略会議委員、農学博士(東京大学)、環境科学専攻

資料請求はこちら!
学校説明会に参加しよう!
SADOトップページへ
学校法人 新潟総合学院
伝統文化と環境福祉の専門学校

〒952-1209
新潟県佐渡市千種丙202-1
フリーダイヤル:0120-031-080
メールアドレス:sado@nsg.gr.jp
個人情報保護方針
(C)SADO