現在の位置:トップ > 講師紹介> 自然環境保全学科 本間 愼
文字サイズを変更する大きくする小さくするサイト内検索

講師紹介


環境を総合的にマネジメントできる人材を育てたい - 自然環境保全学科 本間 愼(校長・自然環境問題概論)

島全体を通して環境のあり方を考える

 佐渡は、山・里地・川・湖・海の各生態系が島という立地条件の中で関係し合いながら連なっています。物質の流れを、人間社会を含めて総合的な生態系として学ぶことは“佐渡だからこそ”できることです。
  したがって、本校は島全体をキャンパスとして広い視野に立ち、環境を総合的にマネジメントできる人材を育成することを目的としています。
  私としては、この教育方針に基づき、現場に立脚した環境科学の理論と、失われ、そして失われつつある自然環境の現実とその再生・創造のあり方について講義しています。

自然と人に快適な環境を生む創造者へ

 本校は大学と異なり、実技を重視する学校です。失われた環境の現場をいかに再生・創造するか。また、開発行為に対して、その開発が自然や人間環境にどのように影響するかといった事前のアセスメントをキチンと行い、環境破壊を未然に防止できる計画を作成できる技術者を養成するところであります。
  こうした本学科で学んだ皆さんの将来は、公務員、環境関連会社、環境関連NPO、NGO等で技術者として活躍することでしょう。
  自然に興味をもち、美しい自然環境、快適な生活環境を創造する職に就きたいという希望を持つ方は、年齢・性別を問わずチャレンジしてほしいです。

プロフィール
本間 愼(伝統文化と環境福祉の専門学校 校長)
東京農工大学名誉教授、フェリス女学院大学名誉教授・前学長、第13期〜第15期日本学術会議会員、元日本環境学会会長、美しい島佐渡・エコアイランド推進協議会会長(佐渡市)、農学博士(東京大学)、環境科学専攻

講師紹介の一覧ページへもどる 学科の詳細ページはこちら

お問い合わせ(フリーダイヤル:0120-031-080) 資料請求(無料)