現在の位置:トップ > 講師紹介 > 自然環境保全学科 後藤 唯
文字サイズを変更する大きくする小さくするサイト内検索

講師紹介


目標に向けて、進み続けよう - 自然環境保全学科 後藤 唯(基礎生態学)

佐渡で学ぶことの意義

 環境とは、あるものと関係する周りのモノ・コトです。その環境のマネージャーとなり、環境を良くするためにマネジメントをする先進的な学科が、自然環境保全学科です。豊かな自然の残る島、そんな佐渡にある学校ですから、皆さんにはぜひ「環境を感じる力」「環境から素直に学べる力・感性」を身に付けてもらいたいですね。佐渡だからこそ学べることがあるということを、とにかく大切にしてほしいと思います。
 そんな佐渡で学んだ皆さんの将来は、きっと広い視野を持ち備え、今までより効果的に環境を守る仕組みや社会を生み出し、活躍することでしょう。その際は、同じ分野で生きる者同士、また情報を共有できる仲間として、卒業後も支え語り合いたいですね。

先進的な環境を現場から学ぼう

 自分を取り巻く環境から、地球を取り巻く環境まで、現代のありとあらゆる分野において、環境マネジメントは必要とされています。そうした環境について学べるフィールドや事例がそろっているのが佐渡(SADO)です。
  広い視野を持った「ユニバーサルリスト」として活躍できる佐渡。より先進的な環境マネジメントに取り組むことができる佐渡で、これからの「環境で生きる力」を一緒に学びましょう。

プロフィール
後藤 唯(自然環境保全学科講師)
武蔵工業大学 修士(環境情報学)
佐渡市環境アドバイザー
専門分野 環境情報学、生物多様性保全、環境保全教育など

講師紹介の一覧ページへもどる 学科の詳細ページはこちら

お問い合わせ(フリーダイヤル:0120-031-080) 資料請求(無料)